英語を話せて良かったこと


シドニーに住んでいた時は「英語は話せて当たり前」だったので、正直「話せて良かった!」と思うことはほとんどありませんでした。でも20年ぶりに日本に住み始めてその認識は180度変わり、「英語が話せて良かった〜!」と毎日のようにしみじみ実感しています。

人間関係:

現在、英語を実用的に話す人の人口は約17.5億、つまり全世界の約4分の1だそうです。日本語しか話さない人は約1億2千万を相手に、英語を話せる人は約17.5億を相手にできる・・・。個人的にも社会的にも、どちらが有利かは一目瞭然です。

キャリア:

英語を教えるというやりがいのある職業に就けただけでなく、自分のスクールをオープンすることができました。海外でのマーケティングの経験を生かした、別のプロジェクトの話も持ち上がっています。

旅行:

世界中どこに行っても「何とかなる」という自信があります。オンライン予約も英語できるので、選択の幅が広がります。もちろんローカルの人々とのコミュニケーションも取りやすいので、パック旅行では味わえないことも多々体験できます。

勉強:

幸運なことに、最近は質の良いオンラインコースが無料もしくは安価で色々と提供されています。こちらも日本語コースだけでなく、英語圏の一流大学が提供しているコースにもアクセスすることができます。

趣味:

大好きなアートや歴史も英語と日本語両方で楽しめるので、’読書や番組視聴の幅が広がります。また、翻訳でどうしても失われている微妙なニュアンスも、原書で直接感じることができます。

情報収集:

ニュースなどを日本語と英語の両方で視聴できるので、多角的な視点を養うことができます。また日本での出来事が国際社会ではどのように見られているのかを、冷静に分析することができます。

人助け:

先日お気に入りの「たまの湯」に行った時、言葉が通じなくて困っていた外国人観光客をヘルプしてあげられました。若いスタッフの方が「かっこいい〜!」と後ろでつぶやいていたのが耳に入り、これをきっかけに英語を勉強してくれるといいな、と思いました。

「私は英語苦手だから・・・。」と避け続けるのは簡単です。でもそれによって失うチャンスや喜びはとてつもなく大きいと思います。NHKのテレビ&ラジオ講座の新講座が4月からまたスタートするので、これを機会にトライしてはいかがでしょうか。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School