電子辞書?紙の辞書?


日本にUターン帰国した後、驚いたことの一つがスケジュール管理の方法です。オーストラリアでは会議の時間などがしょっちゅう変更になるので、コンピューターとスマホのアプリのカレンダーを連動させるのが当たり前だったのですが、日本では紙の手帳で時間を管理している方をよく見かけます。

そして同じような感覚なのか、未だに紙の辞書を勧めている先生がいると聞いてびっくりしました。紙の辞書は重い、単語の収録数が少ない、内容が古い、音声が再生できないなど、様々な面で電子辞書に劣ります。もちろん価格は電子辞書よりも割安ですが、小さい頃からスマホやタブレットに慣れ親しんでいる現代っ子に、今さら紙の辞書を押し付けるのはいかがなものでしょうか。

私自身は電子辞書さえ持っておらず、Weblioというスマホアプリの辞書を愛用しています。単語登録などの便利な機能もあるし、何よりいつも持っているスマホで気軽に単語を調べられるので助かっています。

電子辞書もしくはアプリ辞書に併せておすすめしたいのは単語集です。例えば英検3級を受けるのであれば旺文社の「出る順パス単」など、目的に合った単語集を一つ持っておくと目的達成のために必要な単語を効率良く憶えることができます。もちろん会話や長文の中で単語を憶えるのがベストですが、単語帳も賢く利用して一つでも多くの単語を身につけましょう!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School