アルファベットを教えるタイミング


「英語を始めるベストの年齢」については諸説ありますが、先日ちらっと立ち読みした脳科学の本によると、語学に関連する脳の部分が急激に成長するのが8〜10歳頃だそうです。レッスンのコントロールが難しいので、当スクールでは現在小3より上の生徒さんしかお引き受けしていませんが、英語を日常生活の中に取り入れるのはさほど難しいことではありません。下記の方法は特におすすめです。

1. ひらがなとカタカナの次にアルファベットを教える

漢字は小学校でたくさん練習する上にテストもあるので、いやでも憶えると思います。お家でまずは大文字、次に小文字を教えてあげておくと、後の英語学習がとても楽になります。

2. 英語の歌を流す

当スクールでは、新星出版社の「頭のいい子に育つ英語のうた」をレッスンに使用しています。「きらきら星」「大きな栗の木の下で」などの名曲が45曲も収録されていてお得です。

3. バイリンガル絵本を読んであげる

英語に慣れ親しむことが目的なので、発音に自信がなくても大丈夫です。まずは日本語の部分を読んであげてストーリーに慣れてもらった後、付属のCDをかけて英文を指でなぞってもいいでしょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School