アウトプットはライティングから

September 26, 2017

 

当スクールをオープンして、おかげ様で一年が経ちました。数年前まではシドニーに永住予定だったので、まさか自分が岡山で英語を教えることになるとは思ってもみませんでしたが、テクノロジーの普及のおかげで特に不自由さも感じず、自分の選択に満足しています。

 

最近は何ヶ月か通われて「インプット(音読、音読筆写など)」に慣れた生徒様が増えたので、「アウトプット=自分で文章を組み立てて話す」の練習も始めました。とはいえいきなり英語のフリートークを行うのはハードルが高いし、間違いを直しても定着し辛いので、まずは日記のように身近な出来事を書いて頂き赤ペンで添削しています。この方法だと文法の弱点が一目で分かるので、分厚い文法書を一から勉強するよりもよほど効果的だと感じます。

 

ある程度英語力がある方には、ネットやアプリを利用したラングエージ・エクスチェンジもおすすめです。私もイタリア在住のペンパルとメールでやり取りしていますが、イタリア語をアウトプットする絶好の機会となっています。もちろん素性が怪しい人もいるので、個人情報をシェアする時には十分気を付けながらお楽しみ下さい!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

英語にできない日本語

January 16, 2019

1/4
Please reload

最新記事

January 3, 2019

April 21, 2018

Please reload

アーカイブ