ソーシャルメディア

August 17, 2018

残暑お見舞い申し上げます。お盆休みはいかがでしたか?

楽しみながら英語のインプット量を増やすのに、海外ドラマは最適です。ビジュアルがあるのでストーリーが追いやすいし、映画に比べて話の筋が単純な場合が多いからです。

幸い今は日本にいても、ネットでいくらでも海外ドラマにアクセスできます。私はHulu、Amazonプライム、Netflixを全て視聴していますが、英語学習に一番向いているのはNetflix。他の2サービスに比べて、字幕の切り替えオプションが多いからです。

日本語の字幕に英語の音声、英語の字幕に英語の音声、字幕なしで英語の音声など、...

July 21, 2018

西日本豪雨の被害に遭われた方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧および復興を心よりお祈り申し上げます。

自然災害が少ないとされる地元岡山で、このように大規模な被害が起きて呆然としています。ボランティアに参加することも考えたのですが、私のような力仕事の苦手な人間が今伺っても猛暑で体調を崩す可能性が高いので、かえってご迷惑をかける結果になりかねません・・・。

現在、山陽カルチャープラザでチャリティークラスを開催できないかどうか確認して頂いています。そして、何人かの生徒様に「NHKラジオ講座チャレンジ」をご案内し、自宅学習をすれ...

June 28, 2018

英語を教えてまだ数年にしかなりませんが、ほとんどの英語学習者は下記の2つのグループに分けることができるようです。

「質」を重視するグループ;

テキストブックに沿って文法を忠実に勉強し、ほぼ完全に理解できてから次に進むタイプ。分からない部分があると気持ちが悪くて落ち着かない。

「量」を重視するグループ:

「習うより慣れろ」の感覚で、分からない所は後回し。文法は?でも、文章の意味がなんとなく分かればとりあえず満足。

私自身は完全に後者なのですが、先生には前者が多いようです(納得)。そして前者の生徒さんは「分からなくても前に進む」私の教え方だと不安...

June 14, 2018

繰り返しになりますが、語学の上達にはとても時間がかかります。ですが「時短」で英語力アップすることを歌った本や雑誌があまりにも多いせいか、それに比べて自分は英語がなかなか上達しないというご相談をよく受けます。

でも・・・言葉ってそんなに簡単に話せるようになるものでしょうか?母国語である日本語でさえ、自由自在に表現できるようになるまでには何年もかかりますよね?それなのに普段ほとんど使うこともない言語をマスターするのに時間がかかるのは、ある意味当たり前のことではないでしょうか・・・。

以前「もう半年もやっているのになかなかしゃべれない...

April 21, 2018

語学学習のコツはたくさんありますが、どんなに効果的な勉強法も自分の性格や好みに合っていないとだんだん苦痛になってきます。そして何もかもが中途半端になって自己嫌悪を感じ、その結果ますます英語が苦手になってしまう・・・。こんな悪循環に陥っている方をたまに見かけます。

結局一番続きやすいのは、着実にゴールに向かって進みながら学習のプロセス自体を楽しむことです。気の合うグループでわいわい学ぶ方が向いている場合もあれば、ある程度一人でコツコツ学ぶのが向いている場合もあります(ちなみに私自身はこちらです)。

映画や海外ドラマを(もちろん英語で)観る...

February 28, 2018

スポーツにあまり興味のない私ですが、さすがに今回の冬季オリンピックはたまにテレビで観戦していました。男子フィギアの決勝の日に羽生選手の演技の生放送を観る機会があったのですが、曲が始まる直前の集中、自信、闘争心に満ちた顔つきを見た瞬間「この人、金メダル獲るな」と感じ、その予感は的中しました。

超一流のスポーツ選手になるためにはもちろんずば抜けた才能が必要となりますが、それ以上に大事なのはコミットメントではないでしょうか。Commitmentは日本語にとても訳しにくい単語で、約束、公約、義務、責任などが一例となりますが、個人的には「決意」...

February 21, 2018

母国語以外の言語で誰かと話す時、最初の頃は「通じなかったら恥ずかしい」「相手が言っていることが聴き取れなかったらどうしよう」などの心配が頭をかすめるため、ついつい緊張しがちです。これを克服するための一番簡単な方法は、ズバリ「完璧に言える短いフレーズをたくさん用意すること」です。

日本の中・高校で習う英語は、残念ながら実践的とはとても言えません。それでも文法はある程度理解しているので、なんとか自分の頭の中で日本語を英語に「変換」することを試みるものの、相手の「?」な反応を見ると焦ってしまい、愛想笑いをしながら「Sorry, my Eng...