風邪とインフルエンザ

先週から風邪を引いてしまい、いくつかのレッスンをキャンセルしてしまいました・・・。ご迷惑をおかけした皆様、申し訳ありません! ところで「風邪を引く」は英語で何て言うのでしょうか?いくつか言い方はありますが、すでに引いてしまった場合、一番一般的なのは「I've got a cold.」です。ちなみに「風邪を引かないでね!」の場合は「Don't catch a cold!」がよく使われます。 インフルエンザの英語はinfluenzaですが、大体fluと略して使われます。そして色々な症状のある「風邪」と違って診断結果が特定されるので、不定冠詞のaではなく、定冠詞のtheが使われます。なので「私はインフルエンザにかかっています」は「I've got the flue」が正解です。 気候の急な変動のため、体調を崩されている方が多いようです。Take care (気をつけて)and take it easy!(ゆっくりして)、そしてすでに風邪を引いてしまった方には「Hope you'll get better soon!(早くよくなりますように!)」

「〜がありますか?」を英語で何て言う?

ある日コーヒーが有名なカフェに行ったけど、実は紅茶が飲みたい・・・。こんな時、英語で「紅茶はありますか?」と聞くにはどうすれば良いのでしょうか?学校の授業の影響で「え、Is there tea?じゃないの?」と思われた方が多いのではないでしょうか。 実は正解は「Do you have tea?」です。「Is there tea?」も、もちろん文法的には正しいのですが、こういった場面で使われることはゼロに等しいです。つまり日本語の「〜がありますか?」は英語の「あなた達(複数形のyou)は〜を持っていますか?」を使うことがとても多いのです。 レストランで、Do you have a table for two? (2人用のテーブルはありますか?) 靴屋さんで、Do you have a smaller size?(もっと小さなサイズはありますか?) ブティックで、Do you have this in blue?((この服の)青はありますか?) 日本語と英語は全く異なった言語なので、このような違いはたくさんあります。少しずつ憶えて、より自然な英語表現を身につけましょう!

生徒様たちの成長ぶり

実りの秋にふさわしく、通い続けて下さっている生徒様たちから良いニュースが次々と入って来ています。 TOEICのスコアが720点から855点に大幅アップ! 英検2級の一次試験に合格! 英検3級の一次試験に合格! 学校の英語テストで98点! 志望校への判定が2段階もアップ! などなど・・・。 当スクールで一番大事にしているのは「どこの国に行っても通じる英語」を習得して頂くことなので、テストの点数や順位はあくまで上達の目安と考えています。でも結果を着実に出している生徒様は、英語学習を日常生活に取り入れてコツコツ続けられています。私自身はコーチのような存在なので、どんなに応援してもプレイヤーが練習をしなければ状況は良くならないのです。 2017年も残り後わずかです。「今年は何を達成しましたか?」という質問に自信を持って答えられるように、ラストスパートをかけましょう!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School