山陽カルチャープラザ7月開講の新講座について

岡山市の山陽カルチャープラザでご好評を頂いている「おもてなし英会話」と「ゼロからの英会話」が、おかげさまで10週目を迎えようとしています。両講座とも6月に一旦終了しますが、初心者向きの「ゼロからの英会話」は、7月の午前中に始まる新規クラスのために生徒様を再募集します。 午後からは「おもてなし英会話」または「ゼロからの英会話」を終了された生徒様、そして以前英語を習ったことのある方々のために、NHKテレビ講座「おとなの基礎英語」のテキストを使用した講座を開講予定です。海外旅行先ですぐに使える表現が満載の、実践的な講座です。 そして夕方からはThe Japan Times出版「よりぬき英語で読む 世界昔ばなし」を教材にした音読リーディング講座を開講し、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングなどのテクニックを使って「イソップ物語」「シンデレラ」「はだかの王さま」などの名作を一緒に音読します。読解力とリスニング力を向上させながら単語やイディオムを自然に憶えることができる上、発音矯正にも効果的な講座です。 どちらの講座も中学生レベルの英語力があれば参加可能です。現在レッスンプランを練っている最中ですが、詳細が決まったら告知しますのでお楽しみに!もちろん同じ内容のレッスンを玉野市の教室で受けて頂くことも可能です。

音読効果

最近、音読を取り入れたレッスンを増やしました。試行錯誤の末、一番効果が高いと感じたからです。CDまたは音声付の本、記事や教材を使い、下記の流れで行います。音声のスピードを変更できれば尚良しです。 Listening 何も見ずに自然なスピードで音声を流し、理解度(0〜20%、21〜40%、41%〜60%、61〜80%、81〜100%)を確認する。2度繰り返し、2回に聴き取れた単語やフレーズをリストアップするのもおすすめです。 Reading リーディング 文章を読んで内容を確認する。時間に余裕があればぜひスラッシュリーディングを活用したサイトトランスレーション(斜め線を入れて文章を区切り、英語の語順のまま訳す)を行って下さい。知らない単語やイディオムはぜひノートに書き写して憶えましょう。 Repeating リピーティング (できれば)ゆっくりスピードで音声を流し、テキストを見ながら一文ごとに(音声は必要に応じて止めながら)音読する。慣れたらスピードを上げる。 Overwrapping オーバーラッピング (できれば)ゆっくりスピードで音声を流したまま、テキストを見ながら同時に音読する。慣れたらスピードを上げる。 Shadowing シャドーイング (できれば)ゆっくりスピードで音声を流したまま、テキストを見ないで音読する。慣れたらスピードを上げる。暗記する必要は全くありません。聞こえてきた音声をそのまま口に出し、途中で分からない部分があっても気にせずにとにかく口を止めないで話し続けて下さい。私はイギリス英語が好きなので、よく車の中でBBCニュースのシャドーイングを行なっています

「ココ大事!」ノートの作り方

イタリア語3級検定まで後3日。相変わらずNHKラジオ講座「まいにちイタリア語」のお世話になっていますが、それ以外にもYouTubeで一生懸命(?)イタリア語のドラマを観たりAudibleでダウンロードしたイタリア語のオーディオブックを聴いて耳を慣らしています。そのおかげか、リスニングのスコアは2ヶ月前に初めて過去問に挑戦した時よりもかなりアップしました。 苦手な文法も克服しないと、と思いコツコツ過去問に挑戦しているのですが、楽しく学べるリスニングと違いどうも気分がノリません。このままじゃイカン!と思い、下記の要領で「ココ大事!」ノートを作った所効果があったのでご紹介します。 ステップ1:過去問を解く。 ステップ2:採点し、間違った問題の「正しい解答」を音読しながらノートに書き写す。 ステップ3:問題に出た部分はペンの色を変えたり下線を引いたりして目立たせる。 ステップ4:文法のポイントなどを書き足す。 ステップ5:繰り返し音読する。このステップが一番大事です。 このように苦手な問題の「正しい解答」をデータベース化し、音読によって形式に慣れることによって、また似たような問題が出てきた時のミスを防ぐことができます。以前は間違いが多いとがっかりしてやる気をなくしていましたが、このノートを作ってからは「今回間違えたことによって本番前のデータが増えた。もっとやろう。」と前向きになったことも大きな収穫です。 実物はこんな感じです。無印良品で買ったパスポートサイズの小さなノートを使っています。↓ ライティングの方は日記ならず「週記」をイタリア語でつけることにより、以前よりは大分スピードアップ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School