自己流には気をつけて

英語が話せるようになる過程とは、テニスやゴルフなどのスポーツが上達する過程に似ていると思います。まずは見よう見まねでラケットやクラブを振り、なんとかボールに当てようとする所から始め、少しずつフォームを修正していく。そのトライ&エラー(正しい英語はTrial & Error)の繰り返しが上達には欠かせないのです。 しかしながらスポーツと同じく、自己流で練習を繰り返すと本人が気づかないうちに悪い癖がついてしまいがちです。せっかく文法的に正しい英語を話していても、発音が悪いと相手に通じなくなります。先日アメリカ人の友人の職場で日本人の重役が英語でスピーチをしたそうですが、英語圏出身のスタッフは誰も内容を理解できなかったそうです・・・。 読み書きは問題なくできても、英語の発音が今ひとつ上手くならないという場合は、フォニックスの教材を使用したり、英会話教室で発音を矯正してもらうことをお勧めします。そして一度コツをつかめば、後は繰り返し練習するのみです!

Me tooとYou tooの違い

日本人がよく使い間違える英語表現の一つに「Me too」と「You too」があります。私自身、海外に住むまでは「私も」と言いたい時は全てMe too. を使っていましたが、現地でYou too.という表現を初めて聞いて「?」と思ったのを憶えています。 <正> カフェでの会話 A: I'll have a coffee. B: Me too. A: 僕はコーヒー。 B: 私も。 この場合はI'll have a coffee, too.を簡略化している、つまり自分のことを話しているのでMe too.で問題ありません。ちなみに不可算名詞のcoffeeにaが付いているのは、話し手がカップに入った「一杯のコーヒー」をイメージしているからです。 <誤> 初対面の挨拶 A: Nice to meet you. B: Me too. A: お会いできてうれしいです。 B: 私もです(と言おうとしている)。 この場合、元の文章はNice to mee you, too. となるのでYou too.を使うのが正解です。Me too.と言うと、元の文章がNice to meet me, too.つまり「私も私に会えてうれしいです」になってしまうからです。このように省略されている元の文章を考えると間違える確率がグッと下がります。 <正> お別れの挨拶 A: Have a nice day! B: You too! (= Have a nice day to you, too!) A: 良い一日を! B: あなたもね! <正> 恋人同士の会話 A: I love you! B: You too! (

ながら勉強のススメ

「勉強」という言葉には、「やりたくないけど仕方なくやっている」というネガティブなイメージがあるような気がします。特に学生時代はテスト結果が自分という人間の評価に密接に関わってくるので、プレッシャーを感じるのは無理もないのです。 でも実際は、教育を受けられるというのはとても贅沢なことです。ユニセフによると、世界には紛争や貧困が原因で学校に行けない子供達が5,900万人もいます。そして教育を通じて得た知識は試験や職場で使うだけでなく、趣味や興味として人生を豊かにするのにとても役立ちます。それではどのようにすれば、ポジティブな感覚を保ちながら勉強を続けられるのでしょうか。 私の場合、ずっと机の前で勉強していると疲れて嫌気がさしてしまうので、Huluで海外ドラマを観ながらやドライブ中のながら勉強もよくやっています。小さい頃に「ながら勉強は止めなさい!」と怒られた記憶がありますが、好きなことと苦手なことをセットにすることによって、勉強へのネガティブ感が軽減されます。幸い今は英語とイタリア語という好きなことだけを勉強していますが、それでも単語を憶えたり複雑な文法を解析する作業は面倒に感じてしまうので、私にとってこの方法はとても有効です。 ながら勉強でやること; 単語をなんとなく憶える。 語源をなんとなく憶える。 接頭辞、接尾辞をなんとなく憶える。 問題集を解く。 何冊かの参考書を見比べながら、A4の紙に文法のポイントをざっと下書きする。 英語やイタリア語の記事をスマホで読む。 NHKのラジオ講座を聴く。 英語やイタリア語のポッドキャストを聴く。 イタリア語表現のCDを聴いて音読する。 イタ

Happy New Year!!

2017年、明けましておめでとうございます!すでに8日ですが、本日から仕事開始だったので・・・。 日本の冬にも少し慣れたのか去年よりは体が楽なような気がしますが、それでもシドニーに比べると気温が低い!です。幸い初詣に出かけた3日はかなり暖かく、例年通り由加山の蓮台寺にてお祓いをして頂きました。今年も皆にとっていい一年でありますように! 明けましておめでとうございます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 by Greenway English School